ちょっとした気づき

November 30, 2016

さて、最初にお詫びを。

先日公開した記事につきまして、加筆修正しようとしましたところ、

誤って投稿日まで変わってしまいました。

ご迷惑をおかけした方がいらっしゃいましたらお詫びします、すみません。

 

では、本日のお題へ。

 

私たちが音楽に関わるときって、気分を上げたいとか、緩みたいとか、
心の状態を良くしたいときですよね。趣味として音楽を「作る」側に
立たれてる方々、いわゆる演奏や作曲などする側に立たれてる方々は、
ちょっと違った心持ちだとは思いますが。

 

生まれて初めて音楽を聴いたときって、どんな気分だったんでしょうね。
当然、物心などつく前でしょうから、主観的に説明することは
難しいと思いますが、私たちの持つ動物的な何かに、感じるものがあるのでしょう。
その時近くにいる人の反応を見て、習得するものもあるかもしれません。

 

作曲などをするとき、「こうすれば、人は、こう感じてくれるはず」という
音楽の仕組みがあるのですが、これらは長い間に人間が培ってきた
経験をもとに組み立てられたもの。作り手側の便利な道具ではありますが、
「皆さんに思いを届けたい」をいう「気持ちの結晶」なのかもしれません。

 

今まで知らなかった、その人の一面を見れるって、結構面白い。
音楽の仕組みをちょっと(じゃ、だめかな?)頭に入れることで、
送り手(音楽の)の隠された意図がわかったりする、
そんな楽しみ方も、オススメ、します。

Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Basic Square
タグから検索

© 2016 Yagi Muisic Lab all rights reserved.